オプトアイランドNEWS

大阪府茨木市 の眼鏡店 opt.eyeland オプトアイランド のニュースをブログ形式でお届けしています。

2009年01月

06180012



今回「003」のラウンド型・3色を限定入荷致しました。



06180010



このモデルは強度の近視・遠視の方のレンズがウスくなり、また体積も大幅に減りますのでカルくなるというフレームです。なお入荷品は全て収納し店頭展示しておりません。ご高覧の際はお知らせ下さい。



http://homepage1.nifty.com/eyeland/ponta/


昨年の10/1~3に開催されたIOFT東京国際展示会で発表のフォーナインズ2009年新作のうち、すぐに完売したS-90Tの8番カラー・ブラウン(\49,350)が再入荷致しました。





S90t8
さらにM-06 c3808.c9002、フローティングデザインのNP-50 c88.c90も到着。



なお入荷品は全て収納し店頭展示しておりません。



ご高覧の際は、一声お掛け下さい。
http://homepage1.nifty.com/eyeland/9999/stocklist.htm


フォーナインズ・ネオプラスティックシリーズの二期目として2004年に発表された、NPM-02です。本日最新ロット分が入荷致しました。



01200037



色は2001(クリスタルブラウン+ゴールド)と8904(クリスタルグレー+チタンシャーリング)です。造りは非常に凝っていて、鼻当てはパッドアーム式。それを支えるブリッジ部の裏側に金属部品をマウント。そしてテンプルの付け根にはお馴染みの逆R。そのテンプルは強靱な板状のチタン仕様です。



01200038



ほとんどメタルフレームのような個々のパーツながら、フロントがアセテートなので、ウォームな印象を与えてくれます。\36,750



http://homepage1.nifty.com/eyeland/9999/stocklist.htm


事例 2009.1.XX
38歳 男性 新規



前眼鏡(常用)約8年前購入
R(0.3)S-1.00 BV=0.4
L(0.3)S-1.00 OCD=68



NOTE:
かなり遠方のかたですが、友人の当店顧客様のご紹介により新調のため来店。



昨年11月に作った「使えない」と言われる眼鏡(処方箋度数)
RS-2.00
LS-2.00 OCD=67



これは測定してみないと分かりません。



<<屈折>>
R(1.2)S-2.50C-0.50AX90 dominant
L(1.2)S-2.25C-0.75AX90    PD66mm



------------------
屈折検査だけでは、何がどうで11月眼鏡が掛けられないのか、
皆目分からないです。これだけで分かる人は超人でしょう。

------------------



<<両眼視機能測定>>
MDによる眼位
遠見  φ         垂直L1.0DN
近見  14.0BO  垂直L1.5DN
AC/A 12.2 high
単眼ラグ R=0.75 L=0.75
垂直融像幅:L1.5DN~0.5UPBreak



相対輻輳
(VT-DkaiのロータリーPの1stをL1.0DN、RLの2ndを測定用として)
遠見虚性x/10/7
    実性20/30/16
近見虚性17/24/18
    実性x/over/30



[.N.PRA-rec]N=1.50 P=0.25



B/A



他の記述は略



equipment:TEST-FRAME547simple-LO
               VISIONTESTER-D改(KAI)
             ツインチャート
         チャートプロジェクターCP-30
         トプコン近用チャート



Visiontester 11170128



NOTE:
垂直斜位の見逃しは仕方ないとして、11月の眼鏡の5mに対して0.8~0.7ほどの補正率でも許容出来ないようです。それもそのはずでデータ上、輻輳過多の例になります。今回単に上斜位の補正をしても中途半端になりかねません。調節性輻輳を上手くコントロールしなければならないでしょう。



虚性輻輳を刺激する度は 0.75 がデータから出てきます。



<<使用度数>>
RS-1.75C-0.25AX90 0.5UP BV1.2
LS-1.50C-0.50AX90 0.5DN PD66mm



乱視初装になりますので加減を施します。
この方からはすぐにこの度数で「GO」という返事が返ってきました。



ドイツ式やアメリカ式などの検査項目が多く、様々なデータを取得する測定法は、順応テスト(装用テスト)が短くて済むと思います。ところによっては(眼科・眼鏡店)1時間以上テスト枠で過ごすという手法も有るようですが、眼が検眼時に慣れていても、出来上がって最初に掛ける時にはリセットされていますから、長すぎる順応テストは無駄だと思います。深視力も良好でした。



このソフト(度数)は999.9新作S-90T12(ガンメタル)にインストール。



S90t12



S-90T12は発注の際、少し多めに仕入れましたので、まだ在庫有ります^^


2008年の10/1~3に開催されたIOFT2008東京国際展示会で発表のフォーナインズの新作、S-90Tの8番カラーブラウン(\49,350)が入荷致しました。



S90t8



なお入荷品は全て収納し店頭展示しておりません。



ご高覧の際は、一声お掛け下さい。
http://homepage1.nifty.com/eyeland/9999/stocklist.htm


新たなブランドをご紹介しましょう。
2009年当店デビューの「デバイス」。



01090009
企画は兵庫県篠山市の西垣幸男商店(しぶい社名です)。
製作はフォーナインズの多くのモデルを手がけている関眼鏡製作所。さすがに作り込みは素晴らしく、ヨロイ部は特筆モノです。



01090003 01090004
この部分はフィッティング時、耳の高さに合わせのために上下させます。これにより畳んだ時のテンプルのバタツキが発生し、それを揃えるためにヒネリを加えます。そして左右の頂間距離を揃えるための腕の開き角などにも対応するところです。



よくある一体型の硬いヨロイでは縦曲げにおいて蝶番のヘラに曲げを加えて、その結果合い口が揃わなかったり、開きに関してはリムを曲げたり、バタツキの解消が出来なかったり・・・。本来ヨロイ自体に曲げを加えるワケですが、硬い一体型ヨロイの場合はイレギュラーなやり方をせざるを得ないことが多々あるわけです。



これら一連の作業箇所をデバイスの凹型機構が一手に対応します。



01090001 3型展開。全て\39,900(フレーム価格・税込)



このようにフィッティング作業に関して実践的に対応出来る良く考え込まれたフレームだと思います。すでに店頭展開しておりますが、デザインに関しては後日ご紹介致します。


このページのトップヘ