オプトアイランドNEWS

大阪府茨木市 の眼鏡店 opt.eyeland オプトアイランド のニュースをブログ形式でお届けしています。

2010年04月

しかしビジョンテスターはトプコン社の製品名なので、正しくは「レフラクターヘッド」のコレクションでしょう。

Vtc2s

相変わらずVT-Dkaiが主役です。コレクションの中にはアメリカンオプティカルのフォロプターが2台あります。しかし出番はほとんどありません。

右端の半分になってしまっているVT-SEは壊れたのではなく、半分にしたのでした。(某オプトメトリストに「思い切ったことをしましたね~」といわれました^^; )

全てマニュアル式です。7台or6.5台です。

関連記事http://oe.tea-nifty.com/opteyeland/2008/06/0oe_4610.html

私にも娘がいますが、どうやったらこんな天才になれるのでしょうか(´-`)

ドラムスはヴィニーカリウタ!!

メタモーでも融像・立体視が出来て、融像のパワーをみるとまずまずで、諸々の基準ではスルーされてしまうことが結構あると思います。しかし常に負荷が掛かっていて、dipになってしまうケースがみられます。

値の検出法としては反転式のStereopsisTESTも1つの手かも知れません。他にはRLTでマニュアルで誘導してあげることが出来ます。

一眼メタモーで偏光視標を見ると、他眼に比べ像のクウォリティーが気になってしまって、そこにこだわってしまう傾向がなきにしもあらずかなと思います。

RLTですと、相手は光源ですから、それが余り気にならないのが長所でしょう。

しばらく前、彼はバイクに乗ってやってきて、
ハイカーブの度付対応をさんざん質問したり、
商品をいじくって、またバイクにまたがり帰っていった。

その人物が某眼鏡店のブログにご登場。
そこで働く雇われ店員だった。そこは比較的近い距離に所在する。

かのカリスマデザイナー曰く、他店を訪問する場合は、名刺を差し出し、業界人として身分を明かしてからにするべし、と説いておられる。これが同業同士のマナーである。そして日本人としてのマナーだと思う今日この頃。(^_^)

しばらく前に届いていた、ポラリスの新しいコレクション"NEW CAFE"を撮ってみました。

Cimg0002

このブログでポラリスのご紹介は、初めてになります。POLARISは、ラグジュアリーレディースの代表格。一式おおよそ\110,000ぐらいからスタート。遠近では\130,000からです。

今回はチタン製になって、今までよりしなやかな造りです。

天気は良くお花見日和。

Cimg0001

画像は桜ではなくて、いままで使っていた年季の入ったカメラが引退の憂き目にあいまして、新たに設置したそれの試し撮りです。(^^;

このページのトップヘ