測定時の「明るさ」は大事なところです。

特に近見の場合は、項目それぞれによって設定が違います。

要はテストの種類により、明度で調節介入(近くの文字などへのピント合わせ)を加減しないといけません。

調光式の蛍光灯があればベストですが、スタンドのネックを振って対応することもできます。

自店のユーザー様の中には、私がこのライトを付けたり消したり、果てはぐるっと回したりしていることに気がついていたかたもおられると思います。あの動作は、このためなんです(^^)